国産の無垢フローリング

柔らかい肌触りで、木目がはっきりしている杉は、日本家屋を作る際の定番の木材でもあります。無垢フローリング以外に柱などにも使われます。

無垢フローリング魅力

国産の無垢フローリング

無垢フローリング材を選ぶ際には、国産か、或いは、海外から輸入したものかを、まずは決めなければなりません。

国産にこだわりのある人は、海外から輸入するときに使う、防腐剤を嫌うようです。

その他の理由としては、日本で建築するので、日本で伐採された木のほうが、日本の風土にあっていることもあげられます。

こういった理由から、国産の無垢フローリング材(http://www.muku-flooring.com/)も人気があります。

たとえば、一番有名なのが、檜を使った無垢フローリングです。

檜風呂やサウナに使われているものがそうです。

檜は耐久性があるだけでなく、その香りがとてもまろやかでいいとされています。

癒し効果もあるので、昔から日本人に愛されている木材です。

一方、杉はというと、一般の住宅の建築資材としてよく使われています。

柔らかい肌触りで、木目がはっきりしています。

日本家屋を作る際の定番の木材でもあります。

無垢フローリング以外に柱などにも使われます。

また、いにしえの時代からある竹も国産の無垢材として有名です。

耐久性と保温性に優れていて、飽きのこない木目やその雰囲気は、バンブーファンを魅了してやみません。

ほかには、桜の木、栗、桐などの種類がありますが、国産ならではのメリットも多いので、無垢材は、新築やリフォームにお勧めです。


Copyright (C) www.codebug.org. All Rights Reserved.

無垢フローリング魅力